Firebird初心者講座:データの追加と参照


“isql”コマンドを使用して、前のページで作成したpetshopテーブルにデータの参照、更新を行います。
データの参照、更新を行うにはSQL文を使います。

データの参照、更新に使用するSQL文
データの操作 SQL文種別
参照 SELECT文
追加 INSERT文
更新 UPDATE文
削除 DELETE文

このうち、追加(INSERT文)、更新(UPDATE文)、削除(DELETE文)を実行した後には
変更操作を確定する”COMMIT”文、
あるいは変更操作を取り消す”ROLLBACK”文を実行する必要があります。
※”COMMIT”文を実行せずにデータベースから切断してしまうと変更操作が取り消されます。

  1. データベースに接続していない場合は、”isql”コマンドを使ってデータベースに接続します。
    ※接続方法は”データベース接続”ページを参照してください。

  2. “petshop”テーブルに格納されているデータを参照します。


    データを登録していませんので、何も表示されません。

  3. “INSERT”文を発行して、”petshop”テーブルにデータを1件追加します。

  4. “petshop”テーブルに格納されているデータを参照します。
    この時点では、変更したデータはまだ確定していません。

  5. “COMMIT”文を発行して変更操作を確定します。

  6. “UPDATE”文を発行して、”petshop”テーブルのデータを1件更新します。
    開店日を2009年6月8日から2010年1月1日に変更します。

  7. “petshop”テーブルに格納されているデータを参照します。
    この時点では、変更したデータはまだ確定していません。

  8. “ROLLBACK”文を発行して変更操作を取り消します。
    開店日が2009年6月8日に戻ります。

  9. “DELETE”文を発行して、”petshop”テーブルのデータを1件削除します。

  10. “petshop”テーブルに格納されているデータを参照します。
    この時点では、変更したデータはまだ確定していません。

    データが削除されていますので、何も表示されません。

  11. “ROLLBACK”文を発行して変更操作を取り消します。

Firebird初心者講座 目次

Firebird関連書籍

  • Firebird徹底入門
    Firebirdをやるなら必須!インストールから実際の運用方法、便利なツール、各言語からの利用方法など幅広く紹介されています。
  • The Firebird Book~
    アーキテクチャについて書かれていますが洋書。詳しく知りたい方なら読んでおくべき。
  • オープンソースデータベースの導入と運用の実際
    少し古いですが基本は今も同じ。中古で安く買えます。
スポンサーリンク



コメント投稿は締め切りました。