【基本情報】RISCとCISC 今のコンピュータはどちら?


基本情報を勉強してくると出てくるRISCとCISC。実際に今のコンピュータではどちらが使われているのか調べてみました。

RISCとCISCとは

  • RISC
    単純な命令のみに絞ったCPUです。単純な命令なので処理の高速化が期待できます。
  • CISC
    単純なものから複雑な命令まで種類を増やしていて、1命令で色々できるCPUです。

代表的なCPUはどちら?

代表的なRISCとCISCのCPUについて調べてみました。 今のコンピュータで実際に使われているCPUについては後述します。

  • CISC
    • Pentium Intel製
    • Atom Intel製
    • Phenom AMD製
    • Athlon AMD製
  • RISC
    • SPARC Solarisサーバで使われている。
    • PowerPC IBM製。Macで使われていた。
    • PA-RISC HP社のHP-UXサーバで使われていた。
    • ARM Android等組み込み世界で高シェア。

パソコン:CISC
昔、RISCとCISCでどちらが主流のCPUになれるか競争をしていたようです。 その結果、CISCが勝利を収めました。なので、現在のパソコンに使われるCPUの主流はCISCです。一覧を見るとパソコンで馴染みのあるCPUはすべてCISCですね。

サーバ:CISC
サーバの世界でも主流はCISCですが、今でもRISCが使わることもあります。
細々ですがSolarisサーバでSPARCというRISCのCPUが使われています。 昔はSolarisといえばSPARCでした。しかし近年はSolarisでさえCISCのCPUが主流です。

組み込み:RISC
組み込みの世界では低電圧で稼動することからRISCが主流です。 スマホやタブレットの場合、ARMというRISCのCPUが大きなシェアを取っています。

スポンサーリンク



コメント投稿は締め切りました。