Firebird初心者講座:ibWebAdminのインストール


ibWebAdminのインストール手順について説明します。
なお、PHP、Apacheのインストールと設定は本サイトでは説明していません。
本手順を行う前に次の設定が完了していることが前提となります。

  • PHP 4.02以上または5.2以下のインストール
  • Apache v1.3またはv2.0のインストール
  • ApacheとPHPの連携に関する設定


  1. ibWebAdmin
    のサイトのページ左側にある”download”を選択します。

  2. ダウンロードする”ibWebAdmin”を選択します。
    Windows : “ibWebAdmin_1.0.2.zip”
    Linux : “ibWebAdmin_1.0.2.tar.gz”

  3. 数秒経つとダウンロードが始まります。
    始まらない場合は”Direct Link”を選択します

  4. ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダ名を”ibWebAdmin”とします。
    Apacheの設定を確認し、公開用フォルダに配置します。

  5. ibWebAdminの設定を行います。
    メモ帳などのエディタでibWebAdminフォルダのincフォルダ以下の

    “configuration.inc.php”を開きます。
    次の変更箇所に沿ってファイルを修正します。

    「”configuration.inc.php”変更箇所一覧」

    
    変更箇所:define('BINPATH', '/opt/firebird/0602/bin/');
     isqlなどのfirebirdのツールが格納されているフォルダを記入します。
    
     変更後
      Windows : define('BINPATH', 'C:/Program Files/firebird/0602/Firebird_2_0/bin/');
      Linux   : 変更不要
    
    
    変更箇所:define('SECURITY_DB', '/opt/firebird/0602/security.fdb');
     firebird 1.xの場合は変更が必要ありません。本サイトの手順通りインストールを行うと
     firebird 2.0をインストールしていますので次のように設定します。
    
     変更後
      Windows : define('SECURITY_DB', 'C:/Program Files/firebird/0602/Firebird_2_0/security2.fdb');
      CentOS  : define('SECURITY_DB', '/opt/firebird/0602/security2.fdb');
      Ubuntu  : define('SECURITY_DB', '/var/lib/firebird/0602/2.0/system/security.fdb');
           
    
    変更箇所:define('DEFAULT_SERVER',  'FB_1.5');
     firebirdのバージョンを記入します。本サイトの手順通りインストールを行うと
     firebird 2.0をインストールしていますので次のように設定します。
    
     変更後
      define('DEFAULT_SERVER',  'FB_2.0'); 
    
    
    変更箇所:$ALLOWED_DIRS = array('/var/lib/interbase/',
                          '/var/lib/firebird/0602/',
                          '/tmp/');
    
     ibWebAdminからアクセスを許可するデータベースファイルのフォルダを記入します。
     空にした場合は、すべてのフォルダに対してアクセスを許可します。
     例として、本サイトの手順で作成したTamaユーザのデータベースファイルのフォルダを
     追記しています。
    
     変更後
      Windows : $ALLOWED_DIRS = array('C:/Documents and Settings/<ユーザ名>/My Documents/firebird/0602/',
                          'C:/temp/');
      CentOS  : $ALLOWED_DIRS = array('/home/<ユーザ名>/temp/',
                          '/var/lib/firebird/0602/',
                          '/tmp/');
      Ubuntu  : $ALLOWED_DIRS = array('/home/<ユーザ名>/temp/',
                          '/var/lib/firebird/0602/2.0/data/',
                          '/tmp/');
    
    
    変更箇所:define('BACKUP_DIR', '/var/lib/firebird/0602/backup/'); 
     バックアップの保存先を設定します。
    
     変更後
      Windows : define('BACKUP_DIR', 
        '/C:/Documents and Settings/<ユーザ名>/My Documents/firebird/0602/backup/');
      CentOS  : 変更不要
      Ubuntu  : define('BACKUP_DIR', '/var/lib/firebird/0602/2.0/backup/');
           
    
    変更箇所:define('LANGUAGE', 'english'); 
     言語を設定します。デフォルトでは英語なので日本語にします。
    
     変更後
      define('LANGUAGE', 'japanese');
    
    
  6. “configuration.inc.php”ファイルで設定したフォルダを作成します。
    Windowsの場合、エクスプローラから次の3つのフォルダを作成します。

    • C:\temp
    • マイドキュメント以下にfirebird
    • マイドキュメント\firebird以下にbackup

    CentOSの場合、rootユーザから次のコマンドで、必要なフォルダの作成と権限設定を行います。

    Ubuntuの場合、rootユーザから次のコマンドで、必要なフォルダの権限設定を行います。

  7. Ubuntuの場合、isqlコマンドがisql-fbコマンドになっているため、
    シンボリックリンクを使ってコマンド名を直し、”/opt/firebird/0602/bin”以下に
    コマンドを配置します。

Firebird初心者講座 目次

Firebird関連書籍

  • Firebird徹底入門
    Firebirdをやるなら必須!インストールから実際の運用方法、便利なツール、各言語からの利用方法など幅広く紹介されています。
  • The Firebird Book~
    アーキテクチャについて書かれていますが洋書。詳しく知りたい方なら読んでおくべき。
  • オープンソースデータベースの導入と運用の実際
    少し古いですが基本は今も同じ。中古で安く買えます。
スポンサーリンク



コメント投稿は締め切りました。