Firebird初心者講座:ibWebAdminにアクセス


インストールしたibWebAdminにアクセスする手順を説明します。

  1. ibWebAdminのページにアクセスします。
    既存のデータベースに接続するには、”データベースにログイン”
    新規にデータベースを作成する場合には”データベース作成”から操作します。

  2. データベースにログインすると”情報”に表示されます。

    ibWebAdminへのアクセスは以上で完了です。


以下は参考までにibWebAdminから利用できる機能を紹介しています。

  • “データベースタブ”

    新規データベース作成、データベースへのログイン、既存データベースの削除を行うことができます。
    また、データベース、テーブルなどの構造も確認することができます。

  • “テーブルタブ”

    テーブルの作成、確認、修正、削除を行うことができます。

  • “アクセサリタブ”

    テーブル以外の索引などのオブジェクトの作成、修正、削除を行うことができます。

  • “SQLタブ”

    入力したSQL、ファイルに書かれたSQLを実行することができます。

  • “データタブ”

    レコードの挿入、CSVの読み込み、書き込みができます。

  • “ユーザータブ”

    ロールの管理とibWebAdminの画面デザインを変更することができます

  • “管理タブ”

    データベースのバックアップ、復元などのメンテナンスを行うことができます。

Firebird初心者講座 目次

Firebird関連書籍

  • Firebird徹底入門
    Firebirdをやるなら必須!インストールから実際の運用方法、便利なツール、各言語からの利用方法など幅広く紹介されています。
  • The Firebird Book~
    アーキテクチャについて書かれていますが洋書。詳しく知りたい方なら読んでおくべき。
  • オープンソースデータベースの導入と運用の実際
    少し古いですが基本は今も同じ。中古で安く買えます。
スポンサーリンク



コメント投稿は締め切りました。