20分でできるLinux環境! はじめてのVPS (6)


デスクトップ環境およびブラウザのインストール

デスクトップ環境やブラウザが入っていないのでインストールします。
メジャーなのはGNOMEですが、軽量なXFCEを入れます。また、ブラウザはFirefoxにします。

XFCEとFirefoxのインストール
# yum -y groupinstall “X Window System” “XFCE-4.4”
# yum install -y firefox

※どちらもComplete!が出れば成功

VNCServerの設定

XFCEの導入が済んだらVNCServerもインストールが完了しています。VNCServerの設定を行います。

VNCServer設定
# echo ‘VNCSERVERS=”1:<追加した一般ユーザ名>”‘ >> /etc/sysconfig/vncservers
# echo ‘VNCSERVERARGS[1]=”-geometry 1024×768″‘ >> /etc/sysconfig/vncservers
# cat /etc/sysconfig/vncservers

~<中略>~
↓下記2行が追加されていれば成功。(例の場合、toroユーザにしてます。)
VNCSERVERS=”1:toro”
VNCSERVERARGS[1]=”-geometry 1024×768″

一般ユーザに切り替えてVNCのパスワード設定をします。

VNCパスワード設定
# su – <追加した一般ユーザ名> ←ユーザ切替 成功するとプロンプトが#から$へ
$ vncpasswd
Password:パスワード入力してEnter
Verify:もう1回
$ exit ←rootユーザへ戻る
logout

VNCServerを1度起動させると設定ファイルができます。設定ファイルを修正してXFCEを使うようにします。

VNC設定ファイル修正
# service vncserver start
New ‘dti-vps-srv:1 (toro)’ desktop is dti-vps-srv:1

Creating default startup script /home/toro/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/toro/.vnc/xstartup
Log file is /home/toro/.vnc/dti-vps-srv:1.log

[ OK ] # cp -p ~<追加した一般ユーザ名>/.vnc/xstartup /tmp/xstartup_bk
# cat ~<追加した一般ユーザ名>/.vnc/xstartup | sed -e “s/twm/exec xfce4-session/” > /tmp/xstartup
# cat /tmp/xstartup > ~<追加した一般ユーザ名>/.vnc/xstartup

# service vncserver restart
Shutting down VNC server: 1:toro [ OK ] Starting VNC server: 1:toro
New ‘dti-vps-srv:1 (toro)’ desktop is dti-vps-srv:1

Starting applications specified in /home/toro/.vnc/xstartup
Log file is /home/toro/.vnc/dti-vps-srv:1.log

[ OK ]

OS起動時に自動的にVNCServerを起動するようにします。

VNCServer自動起動
# chkconfig vncserver on
# chkconfig –list | grep vnc
vncserver 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off ←2~5がONになれば成功
スポンサーリンク



コメント投稿は締め切りました。