SEに必要なスキル


SEスキルアップの道で紹介する内容

SEスキルアップNaviを閲覧頂き、ありがとうございます。
これから、お話しすることは「新人・若手のSEが何を目指して取り組むべきか」を書いています。

  • SEに必要なスキルとは何か
  • 目標を決めて計画を立てることがいかに重要か
  • 新人、若手のうちに資格は取得した方が良いこと
  • 社会人としてどのように勉強していけば良いか
  • 転職サイトを利用して自分の経歴やスキルの評価を確認すること

SEスキルアップの道 目次

SEに必要なスキルとは

まずは、「SEに必要なスキルとは何か」を書いていきたいと思います。
SEに必要なスキルは、大きく分けるとITスキル、ヒューマンスキルの2つがあります。

ITスキル

SEは、システムを扱う仕事なので当然ITスキルが必要です。
システムを開発するためのプログラミングスキル、更にはコンピュータ全般、ネットワーク等のシステムに関する周辺技術の知識が必要となります。
SEは分業化してきているので、○○技術の専門としている人も居て、そういう人はある技術には精通しています。

具体的にシステム開発で必要なITスキル

あなたが何を専門としていくか、今現在しているかにもよって習得すべきITスキルも異なってきますが、何らかのITスキルは必要です。

ヒューマンスキル

プログラマは仕様書、設計書に従ってプログラミングするという仕事なので、
プログラミングスキルが求められます。
しかし、SEの仕事はプログラマと異なり人と接することが多くあります。

システムの開発の流れから考えてみても一人で作業ではなくチームで行うことが大半です。

  • 顧客からの業務要件聞き取り(要件定義)
  • システムの仕様調整(外部設計)
  • システムの実装の設計(内部設計)
  • プログラミング (プログラミング工程)
  • テスト (テスト工程)

さらに、設計やプログラミングでは、自社の人手が足りなければ他社に依頼することもあります。
人と接する仕事なので、ヒューマンスキルも大切です。

2つのスキルの関係

ITスキルとヒューマンスキルの関係を自転車に例えると、

自転車のハンドルと前輪 = ヒューマンスキル
後輪 = ITスキル

と言えます。
ITスキルが高ければ効率的に早く仕事をこなせるし、ヒューマンスキルが高ければより良い方向に行くことができます。

SEスキルアップの道 目次

スポンサーリンク



コメント投稿は締め切りました。