【LibreOfficeマクロ】Editor起動


  1. ツール→マクロ→マクロの管理→Libre Office Basicを選択。

  2. マクロの記録先はファイルを指定して新規作成

    【保存先について】
    マクロの保存先は2つありますが、基本的にはファイルを選びましょう。
    マイマクロ:保存先はPC。PCで使用するすべてのOds ファイルで利用する場合。
    ファイル:保存先はファイル。
  3. モジュールが作成されていない場合は、モジュール名選択画面が出ます。そのままOK。

  4. Editorが起動しました。

目次はこちら
>> LibreOfficeマクロ入門講座 目次

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.