【LibreOfficeマクロ】条件分岐


関数とサンプル

【覚えておきたい条件分岐】

  • If文
    If 条件 then 処理
    Elseif 条件 then 処理
    Else 処理 EndIf

  • ケース文
    Select Case 変数名
    Case n:処理
    Case Else:処理
    End Select
ソースコード
Sub Main

dim a as integer
dim b as String
a = 2

'If文
If a = 0 then
   b = "A = 0"
ElseIf a = 1 then
   b = "A = 1"
Else
   b = "Aは0でも1でもありません。"
EndIf

MsgBox(b)

'aの書換
a = 1

'ケース文
Select Case a
Case 0:
   b = "A = 0"
Case 1:
   b = "A = 1"
Case Else:
   b = "Aは0でも1でもありません。"
End Select

MsgBox(b)

End Sub

実行結果

1回目のMsgBoxの結果

2回目のMsgBoxの結果

目次はこちら
>> LibreOfficeマクロ入門講座 目次

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.