【LibreOfficeマクロ】セルの指定と書き込み


関数とサンプル

【覚えておきたい関数】

  • getCellRangeByName("セル名").value
  • getCellRangeByName("セル名").String
  • getCellByPosition(x,y).value
  • getCellByPosition(x,y).String

【メモ】
getCellByPositionは0始まりで(x座標,y座標)と指定する。excelとの大きな違い。
数値の書き込みはvalue、文字列の書き込みはstringで行う。

※選択セルへの書き込みをテストするため、事前にG6セルを選択しておいてください。

ソースコード
Sub Main

'アクティブシート取得
Dim oSheet As Object
oSheet = ThisComponent.CurrentController.ActiveSheet

'☆☆☆☆文字列の書き込み☆☆☆☆
'選択セル
ThisComponent.CurrentSelection.String = "選択セル"

'名前指定 A1
oSheet.getCellRangeByName("A1").String= "名前指定"

'位置指定 E5
oSheet.getCellByPosition(4,5).String = "位置指定"

'☆☆☆☆数値の書き込み☆☆☆☆
'位置指定 C3
oSheet.getCellByPosition(2,2).value = 12345

End Sub

実行結果

目次はこちら
>> LibreOfficeマクロ入門講座 目次

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.