【LibreOfficeマクロ】セルの値クリアと全クリア


関数とサンプル

【覚えておきたい関数・定数】

  • clearContents(フラグ値)

フラグ値について
 511:全指定
 VALUE:数値
 STRING:文字列
 DATETIME:日付

詳細はこちら

事前準備。

ソースコード
Sub Main

'アクティブシート取得
Dim oSheet As Object
oSheet = ThisComponent.CurrentController.ActiveSheet

Dim oRange As Object
Dim oRange2 As Object

'セル範囲指定
oRange = oSheet.getCellRangeByName("A1:B4")
oRange2 = oSheet.getCellRangeByName("C1:D4")

'全消去
oRange.clearContents(511)

'値のみ消去
oRange2.clearContents(com.sun.star.sheet.CellFlags.VALUE + com.sun.star.sheet.CellFlags.STRING)
End Sub

実行結果

目次はこちら
>> LibreOfficeマクロ入門講座 目次

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.