私が担当してる仕事とやりがい

私は、都内の某ユーザー企業のシステム子会社に勤める、27歳 SE。

私の仕事は、データベースエンジニアというSEの中でもどちらかと言えば珍しい部類の仕事だ。
ITSSの区分けでは、ITスペシャリスト(データベース)に分類される。

データベースエンジニアをご存知だろうか?
馴染みのない方も居るだろうし会社によって仕事はまちまちだから、私の仕事を簡単にご紹介しておきたい。

私の担当している仕事

私が勤めるシステム会社の仕事は、親会社とグループ会社が大半を占める。
開発もあるが、親会社やグループ会社のシステムの運用・保守が中心だ。

私の主な仕事は、データベース(OracleやSQL Server)の技術的なサポートだ。主だったものは次の4つになる。

  • 障害対応

    データベースは毎日正常に稼動している、とはいかない。

    突発的にウェブからのアクセスが増えれば、パフォーマンスダウンしてしまうし、
    突如原因不明のエラーを吐いて、起動しなくなったりする。

    「5000人が利用しているシステムが使えなくなった!」

    と言われれば、その度に現地に飛んでいきエラー原因を調査して問題解決を行う。

  • 開発プロジェクトのデータベース設計の支援
    仕事はピンキリで「そのSQL遅いから直して!」なんて効率的なSQLの書き方もアドバイスする。

  • 研修講師
    データベースの研修を企画して親会社や開発プロジェクト向けに行う。

  • 製品調査
    メーカーで新たな製品がリリースされれば、使えるか否か判断する。
    使える製品ならお客様に報告をする。

まぁ他にも細々とあるのだが書くときりがない。要するにDBの便利屋さんだ。

やりがいがある仕事?

データベースエンジニアという職種は馴染みが薄いから、もしかしたら「やりがい」がある面白い仕事だと思うかもしれない。でも、この同じ仕事を3年も続けたらどうだろう。

段々と飽きてきて、つまらないと思うようになる。
最初はOracleの資格取得からスキルアップに夢中になっていたが、Oracle Goldまで取得した後は段々と目標が分からなくなってきた。

コメント投稿は締め切りました。